癌と暮らす日々あれこれ

ステージ4を明るく楽しく幸せに生きるレシピ

頼むよ、自分の正しさを押し付けるのはヤメてくれ!

 

こんにちは。

おりよー♪ でございます。

 

いつも遊びに来て下さり有難うございます。

お陰様で今日も元気です。

 

なるほどー!お洒落カフェについて。

普段は入りづらい店に入れたり、新鮮な気持ちで女子旅を楽しめたりするらしいことを知り、男子の本音が聞けて嬉しいです!ホッ。夫のご満悦な笑顔は額面通り受け取っておきたいと思います。有難うございます!!!

 

 

今日は珍しく乱暴なタイトル付いてます。

ブラックおりょー♪ が通りますから、ご注意お願いしますね。

 

言わせてちょーだい!

おりよー♪ 久しぶりに憤怒した!!!んだ。

 

何にって、

 

親ですよ、

親!!!

 

これまで時々ブログに吐露して参りましたが、とにかく強烈です。この夫婦、60年近く寄り添っていながら、なんせ喧嘩が絶えないのです。それも、この世の終わりかと思うくらい深刻で激しいのです。

 

ここは戦国の世か!?

 

ってほど、私達は過酷な子ども時代を過ごし、大人、いや中年となった今でも、その呪縛に悩まされております。

 

一緒に居ることで、そこまで、お互いを傷つけ合い、不幸になるなら、

 

いっそのこと

離婚すれば?

 

と三姉妹は、何度も何度も思いました。

 

すると、

 

「子どものために離婚できなかった」

 

と言うではありませんか・・・

 

あ、いやいや、

それ、拷問だから!!!

 

目の前で本丸争いを見せられた挙句、この苦しみから脱する事ができないのは「君たちのせいだ!」と言われちゃったら、私達の人生、どれほど辛く苦しいものになりましょうか。

 

真ん中のフー姉が離婚を決めた時、母は「子ども達が不幸になる!」と、そりゃぁ、もう大激怒で非難轟々!ハリケーン・カトリーナ級でした。

もちろん、シングルマザーとして立派に子ども達を育てましたよ。今や、伸び伸びと成人した姪っ子と甥っ子は、思いやりある優しい大人になり、周りから愛され、幸せそうに暮らしています。

 

密室の空間で、顔を合わせれば、いがみ合っている両親から不平不満、愚痴、悪口を浴びるのと、親の世代で言う片親、シングルマザーまたはファザーとの生活、どちらが不幸せなんでしょうか。

 

当の子ども達だけが決められる事ですよね。

 

間違いなく言えるのは、子どもは親の幸せそうな笑顔が見たいんだって事です。

それが人生の雛形として記憶されちゃうの。

 

 

あと、表面には出ていませんが、二人の中では世間体を気にするあまり、離婚に踏み切れなかったという事実もあるかと想像してます。

 

そんな訳で、あの夫婦、揉めに揉めて、一年半ほど前、やっとこさ晴れて別居したんです。

85歳くらいの高齢で!

実家を引き払い、サービス付き高齢者向け住宅というマンションの、父が三階、母が二階という具合に。

 

三姉妹としては同じ住所に居てくれて、セキュリティも完備され、見守り隊がついてくれている施設なら、と安堵しました。

 

やれやれ。

これで平和に、、、

 

ってのは幻想でした。

別居したにも関わらず、ずーーーっと続いていたそうなんです。喧嘩、いや戦争が、、、。

 

信じられません。

 

ちっちぇー事なのよ!

取るに足らない些末な事なのよ!

 

どっちが正しいか!?

 

とか、

 

言った言わない!

 

の水掛け論というやつらしい。

 

これ、無理でしょう。

永遠に平行線でしょう。

時間と労力の無駄でしょう。

 

だって、正しさなんて十人居れば十通りあるではないか!!!

 

今や、平和主義者となった私には、とても苦手な領域です。自分が正しい!という事に命をかけてる人って、猛烈に破壊的なエネルギーを発していて、周囲は負傷し、ヘトヘトに疲労困憊しちゃうんだもん。気づいてないでしょね。

 

どっちでもいーわ!

 

って叫びたくなる。

特に、私の中で、この一年、その度合いが強くなりましたね。

 

私が自分で作った家族を、大切に大切にしている理由が、お分かり頂けるかと思います。

お互いの想いを尊重するために歩み寄り、自分の正しさを相手に押し付けたりしない。

これこそが、毎日を笑顔で楽しく暮らせる秘訣だと思うのよね。家族だけでなく社会もね。

 

もちろん!

母の呪縛があるので、一朝一夕に、ここまで来れた訳ではありませんよ。散々、夫に喧嘩を吹っかけ、全て何でも夫のせいにして責めて来ましたよ!そういうもんだと信じていたのです。

 

でも、一切やめたんです。

 

今、とっても平穏平和な暮らしぶり。

家族が私の要塞です。

 

あ、夫と娘は、よくディベートしていますが!

(まあ、獅子座同士だから仕方ないかも)

 

 

前置き、ものすごーーーく長くなりました。

 

遂に最近、知らされたのです。

 

①あの夫婦ずーっと喧嘩が絶えなかったこと

②不平不満、愚痴、悪口が絶えなかったこと

③おまけに致命的な大喧嘩が勃発していたこと

④ついに離婚を見据えた更なる別居を考え始めているらしい、もう末期であること

 

そして

 

⑤これら全て、姉達が大きな岩となり大きな樹となり、濁流を堰き止めてくれていたってこと!!!

 

おりょー♪ の体に触るから・・・と。

 

泣・泣・泣。

 

なんてっこたい!!!!!

面目ねー。

 

で、ある事をきっかけに、これらを知ることとなり、私、久しぶりに憤怒したという訳です。

 

こっちは生きるのに必死なんだ!

つまんねーことで戦争してんじゃねー!

ちっとは相手に感謝してみろや!

 

プンスカ大噴火しました。

 

仕事をやめ、人間関係を省エネに切り替え、断捨離もし、やっと平穏平和な環境を手に入れたって言うのに、そこへ嵐を持ち込むのは、

 

よりによって、

親かよっ!!!

 

私に「生きて欲しい」と心を痛め、祈ってくれていたのではなかったのか???

 

怒りと悲しみで、その夜は酷い喘息の発作を起こしてしまいました。続いて発熱です。

 

でも、ふと、冷静になりまして、ですね。

 

親は親の人生を懸命に生きているだけ。

私の病気とは、これまた全く別の話。

 

憤怒なんて、お門違いなのさ!!!

 

つまり、課題は私にある。

私の「親との関わり方」にある。

 

あの夫婦が元気であればあるほど、反比例して私は病んで行くつもりなのか!?

心身症を患った子どもの頃の様に、まだ親にコントロールされるつもりなのか!?

違うだろー!いかんだろー!!!

へっちゃらな自分にならなくちゃダメだ。

知ったこっちゃねーぞ!もう邪魔されねーぞ!と軽く一蹴しちゃうのだ!

 

そのために要塞を築いたのだから!

 

自分の人生を

生きるんだから!

 

 

「おりよー♪ が元気になる事が何よりも最優先だから。今、旅立たれたりしたら悲しすぎるから、ともかく関わらないで、手を引いて!」

 

と姉達が言ってくれている。

 

「代わりに自分が手伝うからね!」

 

と、夫も言ってくれている。

 

冷たい様だけど、無責任だけど「良い娘」やめさして貰いますわ!

今、とっても大切な時期。生きよう!元気になろう!それだけにフォーカスして来たのだから、引き続き、マイペースにさせて貰うよ。

 

姉ちゃん達、今頃てんやわんやで、大変な事態に陥っている事と思う。

この場を借りて、心からの御礼を伝えたい!

(ブログ読んでくれてるかなー?)

 

ありがとう!

ありがとう!

ありがとう!

 

三姉妹に生まれて幸せです。

元気になることが二人への恩返しだと思うから、いつか笑える日まで楽しみに待っててね。

万事、上手く運んでくれると信じて祈るよ。

守護霊様、宜しくお願いします!

 

 

とまあ、こんなブラックな話なのでした。

知らぬ顔して「幸せでーす!」なんて書くのも違和感があったし、私が目指すブログの在り方は自然体、素であることなので、まんま書いちゃったぞ!

それに恥部こそ吐露すると楽になるじゃない?

天使の皆さんに告げ口してみました!!!

naomiママが「落ち込む暇がないほど喜んで笑って過ごして!」と、いつも言ってくれるし。

 

うん、そうするー。

笑い飛ばそう!

 

父ちゃん、母ちゃん、

気が済むまで、

勝手に頑張れ!!!

 

わっはっはのはー。

 

 

長いこと聞いて下さり有難うございます。

おりょー♪ は本当に幸せ者でございます。

どうかどうか、皆さんの周りには平穏平和が訪れてくれます様に。

 

愛をこめて・・・

 

<今日の写想>

    f:id:ryokobonafede:20201022094700j:image

せめて澄み渡る清らかな一枚を。

山中湖畔

 

 

【平和主義になった私の話】

gantokurasu.hatenablog.com

gantokurasu.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ